10
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 『太陽がいっぱい』

フランス人俳優で
あーーーー素敵
って思う俳優さんは幾人かいるけれども、
その中でも、ダントツ

アラン・ドロン様 でしょうか

彼の出演作で、あまりに有名な
『太陽がいっぱい』は、
ストーリーもおもしろいのは勿論、
風景も素敵だし、
なんてったってアランが・・・




お年を召したアランも本当に素敵な紳士で、

街中で遭遇してみたい・・・!


若かりし頃のアラン様の写真を



default_9e3d121fc10fac7102e7afeda3be94ee.jpg


tumblr_m7l3c2zX4T1qc2q7do1_500.jpg


写真の大きさが
マチマチすぎるのをお許しくださいませ…
スポンサーサイト

映画 『カフェ・ド・フロール』

カフェ・ド・フロールを借りるとき、
大好きなマリオン・コティヤールが主演!

131203_marion_cotillard_1.jpg
なんて可愛いんだ

って、なんで私はずっと思い込んでたんでしょうか?!

映画を見始めて
「ん?このすきっ歯は…バネッサ・パラディじゃ。。。?」

20150128_jony_25.jpg
別に嫌いな女優さんなわけではないのだけど…。

注意力散漫というか、
思い込むと突っ走たまま(?)というか、
挙句、確認を怠るのが得意という
ダメダメ社会人大発揮で、、、

なんというか、

久々に、自分自身にガッカリ致しました




しかも、この映画、
口コミも賛否両論のようで私は、『うむ。意味不明。』となり
途中で(うそ、最初らへんで)興味を失いそうになったのだけど、
とーーーーっても邪道な鑑賞方法で
グイグイと物語に引き込まれました。

ほとんどの方には
「有り得なくない?」と言われそうなんだけど
ネタばれをネットで見てから、鑑賞を再開したのです。

そうすると、
よく意味の分からなかった糸がほどけて
ストーリーに集中できました。

登場人物・人間関係の糸がこんがらがったままだと
そのことが「どういうこと?」と思いすぎて
ストーリーから気持ちが逸れ気味だったので、
思い切ってネタばれを見るという
邪道極まりない行動に出たのですが、
私には、それがよかったようで
結構好きな映画の一つになりました。








SHIGETA UV skin protection

私は、ガチガチのオーガニックコスメ
だけを使う

と言うわけではないので、
もぐり?とも言われそうな
なんとなくオーガニックコスメ
大好き
な感じなのです。

とは言っても、
基礎化粧品は
拘りのオーガニックコスメ一辺倒。

ただ、
特にアイシャドウに関しては
誘惑に勝てず、
デパートコスメ使ったりしてます…

あと、マスカラも
オーガニックコスメブランドの物は
物の見事に、
昔のドラマの泣き顔ばりに
目の周りが真っ黒になっちゃたりしたので、
ドラッグストアやロフトとかで
買えるフィルムマスカラを愛用

上で、
基礎化粧品はオーガニックコスメと
かいたのだけど、
オーガニックコスメloverの方には
経験あるのでは?と思うのが、
日焼け止め問題。

油塗った?
くらいにギトギトだったり
肌に優しいを求めてるのに
クレンジングしても
肉眼で見えるほど
日焼け止めが残ってる、、、
などなど

なので、
未だに日焼け止めジプシー。

少し前に購入した
シゲタの日焼け止め



今まで使ってきた日焼け止めの中で
ダントツよい
ちょっと乾燥するかも?とも
思ったけど、
私の顔には許容範囲内。

テクスチャーは
クリーム状。



肌に馴染ませると




よく見たらちょっと白いかも?
くらいなので、
私にとっては肌色補正にもなりました。


他に使ってみたい物が
出てこなかったら
リピするかも

ちなみに
マルティナ シアの化粧水

マルティナ ジンセナの乳液

のあとに、この日焼け止めだと
憎きモロモロ(消しカスのようなやつ)
は出てきませんでした←重要

映画 『イラン式料理本』

中東の映画って
大好き
なのですが、
取扱量が少なすぎるのです。

でも、中東映画ファンって多いはず。
と、密かに私は思ってます。


なので、レンタルよりも
買う方が確実。


昔、斎藤工さんが
「字幕ついてなくて言葉わからなくても中東映画を
 じーーーっと見てるだけでいい。」
みたいなことを喋ってて、
その気持ち わ・か・る!
と思ったのです。


結構前なのですが
イラン式料理本というDVDを購入。




料理本っていうタイトルだけど、
料理を通して、今のイランの家族のありかた(?)の
ほんの一部をドキュメンタリーっぽく仕上げてる映画。
あ、でも、たぶん彼らは本物の家族。
プロの役者が家族を演じてるとかではなくて。

それにしても、
あの時間の感覚のルーズさというかアバウトさ、、、
お見事!!
としか言いようがないね 
何故だか、そこが印象に残ったのでした


イランの女性、本当っっに綺麗

映画 『愛してる、愛してない...』

オドレィ・トトゥが出演している映画は結構好きで、
日本で見れる作品は、ほとんど見てる(たぶん)。


その中でも、ちょっと前の映画で
『愛してる、愛してない…』
がとっても好きで、定期的に見たくなる映画。



ぶっ飛んだ(?)感じがなんとも好きなのです

好きすぎて、フランスでDVDを買ったくらい。
フランス語字幕が出るので、
フランス語を読む練習(?)も兼ねて
結構フランスでDVD買った見たりしてます。
PCでしか見れないのが難点

超直訳だけど、
フランス語のタイトルも、à la folie...pas du tout
「à la folie→狂気」だものね・・・

フランス映画って
「人間の狂気」的な題材をよく扱うな~って思うんだけど、
気のせいかな?

というか、人間ってみんな多かれすく少なかれ
狂気を持ってて
普段は心の奥で眠ってるけど
何かのキッカケで、思いっきり表に出たりするんだろうな…。


まぁ、私の人格形成になんか問題あり?
ってくらいサイコスリラーとか好きだし、
先日、BSで放送してた『サイコ』もちゃっかり録画。
サイコはリメイク版も嫌いじゃないけど、
オリジナルの方が好きかな?

ドラマも『クリミナルマインド FBI以上犯罪』がお気に入りすぎるし。





それにしても、
オドレィ・トトゥが可愛すぎる

オドレィ・トトゥの代表作って言えば
日本では 断然『アメリ』じゃないのかな?と思うのですが、
昔、パリジャンを怒らせる方法(!)
って言うので
アメリ、オドレィ・トトゥ って言ってみる。

っていうのがあったのです。
うる覚えで、正確になんて書いてあったか忘れたのですが、
ステレオタイプ的にあの映画がフランスっぽいって
言われるのを嫌うとかなんとか…。


そう言えば、
映画カテゴリーで日記書いても
内容とか感想とか
ちっとも書き留めてないですね

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。