FC2ブログ
   
10
2
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

映画 『太陽がいっぱい』

フランス人俳優で
あーーーー素敵
って思う俳優さんは幾人かいるけれども、
その中でも、ダントツ

アラン・ドロン様 でしょうか

彼の出演作で、あまりに有名な
『太陽がいっぱい』は、
ストーリーもおもしろいのは勿論、
風景も素敵だし、
なんてったってアランが・・・




お年を召したアランも本当に素敵な紳士で、

街中で遭遇してみたい・・・!


若かりし頃のアラン様の写真を



default_9e3d121fc10fac7102e7afeda3be94ee.jpg


tumblr_m7l3c2zX4T1qc2q7do1_500.jpg


写真の大きさが
マチマチすぎるのをお許しくださいませ…
スポンサーサイト

映画 『カフェ・ド・フロール』

カフェ・ド・フロールを借りるとき、
大好きなマリオン・コティヤールが主演!

131203_marion_cotillard_1.jpg
なんて可愛いんだ

って、なんで私はずっと思い込んでたんでしょうか?!

映画を見始めて
「ん?このすきっ歯は…バネッサ・パラディじゃ。。。?」

20150128_jony_25.jpg
別に嫌いな女優さんなわけではないのだけど…。

注意力散漫というか、
思い込むと突っ走たまま(?)というか、
挙句、確認を怠るのが得意という
ダメダメ社会人大発揮で、、、

なんというか、

久々に、自分自身にガッカリ致しました




しかも、この映画、
口コミも賛否両論のようで私は、『うむ。意味不明。』となり
途中で(うそ、最初らへんで)興味を失いそうになったのだけど、
とーーーーっても邪道な鑑賞方法で
グイグイと物語に引き込まれました。

ほとんどの方には
「有り得なくない?」と言われそうなんだけど
ネタばれをネットで見てから、鑑賞を再開したのです。

そうすると、
よく意味の分からなかった糸がほどけて
ストーリーに集中できました。

登場人物・人間関係の糸がこんがらがったままだと
そのことが「どういうこと?」と思いすぎて
ストーリーから気持ちが逸れ気味だったので、
思い切ってネタばれを見るという
邪道極まりない行動に出たのですが、
私には、それがよかったようで
結構好きな映画の一つになりました。








映画 『イラン式料理本』

中東の映画って
大好き
なのですが、
取扱量が少なすぎるのです。

でも、中東映画ファンって多いはず。
と、密かに私は思ってます。


なので、レンタルよりも
買う方が確実。


昔、斎藤工さんが
「字幕ついてなくて言葉わからなくても中東映画を
 じーーーっと見てるだけでいい。」
みたいなことを喋ってて、
その気持ち わ・か・る!
と思ったのです。


結構前なのですが
イラン式料理本というDVDを購入。




料理本っていうタイトルだけど、
料理を通して、今のイランの家族のありかた(?)の
ほんの一部をドキュメンタリーっぽく仕上げてる映画。
あ、でも、たぶん彼らは本物の家族。
プロの役者が家族を演じてるとかではなくて。

それにしても、
あの時間の感覚のルーズさというかアバウトさ、、、
お見事!!
としか言いようがないね 
何故だか、そこが印象に残ったのでした


イランの女性、本当っっに綺麗

映画 『愛してる、愛してない...』

オドレィ・トトゥが出演している映画は結構好きで、
日本で見れる作品は、ほとんど見てる(たぶん)。


その中でも、ちょっと前の映画で
『愛してる、愛してない…』
がとっても好きで、定期的に見たくなる映画です。



原題『à la folie...pas du tout』

この映画は好きすぎて、フランスで中古のDVD買いました。
フラ語の字幕出るので、フランス語の勉強にも使えるかなー、と思って。


鈍感にも程がある私は
1回目に見た時にはラストでようやく話が分かったので←
日を開けてもう一度見てみました。

もう、本当に1回目には分からなかったことが
『あーー、そういうことか。』
と、映画の面白さがアップしました☆

とは言え、私の感想

怖いわ!!!の一言で 笑



ま、タイトルà la folieから始まってますしね(後続で否定してても!)
フランス映画の人間の狂気を扱った映画、綺麗ごとが無くて好きです。

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR