11
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
27
29
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

師走?!

え~、、、

2015年も師走が目前なのですね...

何もがんばらなかったな。
と、反省しつつ
ヒーターとホットカーペットで
暖をとりながら
随分前に購入したdvdを鑑賞




私は、
君が幸せなら
それでいいのです、本当に。

夜中に頭のまわりをウロウロして
髪の毛を踏みまくろうとも、
深夜のご飯催促も、
シーバがもらえないと
不服そうな顔をするその顔も、
私の大事にしてる
観葉植物を食い荒らそうとも、
一番いい位置を陣取って
人間が隅に追いやられようとも、
パソコンのキーボードを
ベッドにするのが大好きでも、、、

うーんと、うーんと、

なんてかわゆいんだ





スポンサーサイト

映画『テレーズの罪』

オドレイ・トトゥとジル・ルルーシュの共演だなんて
楽しみで仕方がなかった映画の一つ。

テレーズの罪

やっと見ました



ジル・ルルーシュ(Gilles Lellouche)、こんなに恰好よかったかな?

Gilles-fait-les-gros-yeux_portrait_w674.jpg

渋い!
素敵!





-----------------------------------------------------
この映画を見ての簡単な感想を。

私は、オドレィとジルは(役名じゃなくてすみません)は、
とても愛し合っているんだけれど、
たった少しのボタンの掛け違いから始まり
どんどん愛情が憎悪に似たものに変化していったものの
決してそれは、互いに憎んでいるわけではないのだな・・・

と心底思いました。

愛情を示したい、愛したい、
だけど、それをどうのように表現していいのか分からない。
自分自身で自分の心が分からず
狂気の対象がジルに向かい
歯止めが利かず、してはいけないことをしてしまうオドレィ。

どーしようもねぇ女だな!

って正直思っちゃうわけなんだけど、
この時代におけるフランうという国の女性の葛藤って、
私なんぞには計り知れません。

しかも、この映画の登場人物って上流階級だしね。
上流階級には上流階級の逃げられない掟(?)風習(?)みたいなものがあるんだろうな。

未だに階級社会が根付いてるフランスのこういった事情は
庶民の私なんかには分かりません!

ま、葛藤があり、苦しみまくったからと言って
人間として、越えちゃいけない一線ってありますからね

それにしても、
今まで、ジル・ルルーシュって結構な確率でロクデナシな役が多かった気がするけど、
今回の、このテレーズの罪では、ドキドキさせられるほど素敵だった!

流行りもの 食べ物編

私自身、美容健康に良い。
とされるものにすごく興味があって
すぐに試してみたくなるのだけど、

口から摂るもの
肌につけるもの
運動、エクササイズ
生活習慣
はたまた精神論

全て続けなければ意味が無い
と言われていて、
そこが耳が痛いところ、、、

と言うのも、
テレビ、ネット、雑誌なんかで
紹介されるものが多すぎて
次から次へと試したくなって、
かと言って全部取り入れるのも無理。

結果、同じ物を続けていない

巷で溢れまくる物の中で
自分の生活スタイルや思考に
ピッタリの物を
厳選することが大切だと
心を鬼にしてます。

今のところ

・亜麻仁油かエゴマ油
・クコの実
・ペカンナッツ
・生アーモンド
・雑穀入り玄米
・ハトムギ粉
・きな粉
・無調整豆乳
・黒ゴマ

玄米以外は毎日。
クコの実は、戻さないと
そのまま体内を通過するだけ
のような気がして、
戻してから食べてます。
生アーモンドも(玄米も?)
水に何時間か浸けないと
有害物質が取り除けないと聞いて、
6~8時間浸けてから食べてます。

ゴマもすりゴマでなければ、
これもまた体内を通過するだけ
のような事を聞いて
購入する時にはすりゴマを。

うーん、
一手間とはとても大事ですね。
食べた意味がなければ勿体無い。

日本にも
百貨店まで足をのばさなくとも
スーパーで買えるスーパーフードが
たくさんありますね

あと、街中にある
【自然食品店】
と呼ばれるタイプお店なんかも
新たな一軍に加えたくなる
食品の宝庫で
ウキウキ心が止まらない
危険スポットです。



映画 『ベティの小さな秘密』

ひつこく、ひつこーーーく
何度も見てる映画の一つ

ベティの小さな秘密



映像とか
ちょっとだけ昔の設定なのかな?と思わせる様子も
もちろん大好きなのですが、

何よりも
主人公のベティのパパが大好きなのです。
というより、
パパの発する言葉が本当に素敵。

ママは何故にそんなに意味不明なの?
とか思って、心底そんな女嫌いだ、って思ってしまうけど、

パリ在住漫画家の、かわかみじゅんこさんの漫画の中で

『フランス女性は破滅的』みたいなセリフがあったことを思い出した。
ま、それは漫画の中だし、これも映画の中のことだけれど…


話が逸れてしまったけれど、
『あ、なんか疲れた・・・』って漠然と思ったときに
このパパをときどき思い出したりしてます

あと出てくる単語もそう難しくないし
セリフも劇的に多くないので
フランス語の字幕+フランス語の音声で見たりとか
そんな使い方もしてる・・・
フランス語の勉強に映画を使いたい人にもお勧め(かな?)←自信ない

ラヴェーラ ミアージュ インテンシブ アイクリーム

あれこれと、
アイクリームを試してきて
久々にお気に入りに出会ったので
書き残しておきます

ラヴェーラのアイクリーム
ミアージュ インテンシブです。



お花っぽい甘い香り

本当に好みの香りで
他のミアージュシリーズも
使ってみたくなったくらいです。

オーガニックコスメと呼ばれる
コスメの中には、
お化粧品⁉️と言いたくなる
独特の香りの物も少なくなくて、
使い続けるの無理だわ、、、

となった事も

もちろん優しい香りの物も多いのですが
それでも使用するたびに
クンクンしたくなるくらい
良い香りってのには、
なかなか出会えてないのです


使用感は、
どちらかと言えば軽めかな?
でも、油分たっぷりだと
目の中に入ったりして
視界が濁ったりするので、
私は軽めのほうが好み。

朝使用しても、
パウダーで押さえれば
マスカラの滲みも
そう気にならない範囲

クリームを出す口は




このように細くとってあって
量が調節し易いのも◎です
ブツ切り?状態の形状の
アイクリームは
ドバッと出たりして
量が調節し難いのです😥

ラヴェーラは
色々使ってますが、
外れだった~って言う記憶が
ないブランドでおススメです😊💕

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。