01
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

今更 The Hills

足先が痛いくらい冷たいです。


アメリカって、
やたらとリアリティーショーが好きだな。
って常々思ってるのですが、

ついつい、今また
ハマってしまいました。

The Hills



と言っても、新たに発見して見てるのではなく
むか~し購入したDVDを見返しているだけ。

リアリティーショーで他に箱買いしたのは
シンプルライフであります。

enhanced-buzz-15516-1360176201-7.jpg


ニコール・リッチー、かわいい
今、またぶっ飛びかけてるように見えるので、
老婆心ながらハラハラします

ニコールもパリスも
シンプルライフ後にそれぞれリアリティーショーを
始めましたよね。
でも、どちらもいまいちハマれなかった・・・。

アメリカで爆発的人気(らしい)
キム・カーダシアン一家のショーは
結構面白いな。って思うのですが、
いかんせん、ネットじゃないと見れないのが不便。

kardashians01.jpg


テレビでDVDで言う形で見たいのです

あと、マカロニ野郎のなんとかかんとか(←爆)
とか言う、イタリア人をステレオタイプ化しまくってるって
批判浴びたとか言うリアリティーショー。

img_0.jpg

なんとまぁ、
ぶっちゃけ、そこら辺で出会ったら
間違いなく避けて通りたいな!
って思っちゃう軍団(スミマセン)

でも、その強烈すぎる世界にどっぷりハマってたんだけど
もう見れなくなっちゃった。
昔、MTVのサイト内で見れてたんだけどなぁー。
でもこれは、DVD発売されても買わないかな





The HillsのスピンオフのThe Cityは滅茶苦茶好きで、
DVD発売してほしいと切望中だけど、
もう出ないだろうな~。
ホイットニーとオリビアが可愛い&綺麗すぎる。
目の保養にもってこい(笑)のドラマです☆

4年か5年前にBSで放送してたのを録画して
まだHDDに入ってます。
DVDに移せない形式(?)なので
そのまんまなのですが、
そのHDDにとうとう寿命の足音が聞こえてきて
悲しさ満載です




で、タイトルのThe Hillなのですが、
今はローレンもオードリナもホイットニーも
結婚して、オードリナはご懐妊らしいです。

The Hillsの中では特に
ローとホイットニーが大好きなんだけど、
メインじゃないからかあんまり出ないんだよね…。
ローとか、遊ぶの大好き、楽しいこと大好き!
嫌な事は誰かお願い♪
って言うスタンスが堂々として清々しくて好きです 笑

それでも、食べ方とか仕草とか、姿勢とか、
物を扱う時の指の感じとかが
とっても『あー。育ちがいいんだろうな』って
自然に思えるのが、ローの凄いところ。
顔もすんごく可愛いしね。

ホイットニーは美人でスタイル良くて
そして本当に優しくて、
ホイットニーの優しさって
『こんな事言ったら傷つくかな。』
『なんとか場の雰囲気を良くしたい。』
みたいな、なんとなく日本人っぽい優しさで
そういう性格だとアメリカで難しくない?!
とか勝手に思ってしまってます。
余計なお世話ですね!

The HillsやThe City見ると
グダグダで仕事やる気出ない私に
気合いを入れてくれるがします。

って、リアリティーショーを鵜呑みにして、
誰々はこんな性格なんだ~とか思いたくなるけど
そうでないこともゴシップ雑誌愛好家の私は
重々承知でございます。
カメラ回ってない時と回ってる時、
編集方法で、違って当たり前ですよね


冒頭で、アメリカってリアリティショーが~
って書いてますが、
私、純日本人だけど、
リアリティーショー大好きだった 笑 
スポンサーサイト

映画『サンバ』

こんばんは(o‘∀‘o)*:◦♪

少し前(だいぶ?)ではありますが
とーっても話題になって、
レンタルショップでも長々とベストセラーだった
『最強の二人』の

オマール・シー Omar Sy

NE67qqa6ltOd8e_1_1.jpg

笑顔が素敵



シャルロット・ゲンズブール Charlotte Gainsbourg

i320.jpg


がメインで繰り広げられていくストーリー。


ザックリすぎるほどザックリ言うと、
フランスにおける移民問題?と言うか、
フランスに住む移民・難民たちの苦難/苦悩と言うか…。

それは、移民・難民目線で描写されていて、
生粋(?)のフランス人の視点は
あまり盛り込まれてないように思いました。

生粋って何をもって生粋?と聞かれると、
もうそこは、私なんかには分かりませんが…。
おじいちゃんのおじいちゃんはロシアから…とか、
そんなんばっかり聞くし。


閑話休題。

シャルロット・ゲンズブールって
フランス映画見てたら、
頻繁に出演してるわけで、
正直、私、彼女の可愛さが分からない…。

けど、彼女の出てる映画って
私の中でお気に入りになっている作品が多いのも事実。

ただ『パパの木』って言う
オーストラリアを舞台にした映画は
挫折しそうになりながら、
何日にも渡ってみた覚えが…。


映画の口コミサイトを見てたら
『最強の二人』と比べたら~
の様な口コミが多かったなー。

監督も同じだし、サントラの作曲者も同じ。
そら、比べてしまう方も多いだろうな。
と、率直に思いましたが、

私のお勧めとしては、
最強の二人とは比べず、全く別物。として鑑賞して、
日本人の盲目的なフランス崇拝(?)を解いて
この映画を通して
フランス社会のほんの一部分を覗いてみてはいかがでしょうか?

と、エラソーな事書いてみたけれど、
私も フランス って物に惹かれてしまうのです




検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR