10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『テレーズの罪』

オドレイ・トトゥとジル・ルルーシュの共演だなんて
楽しみで仕方がなかった映画の一つ。

テレーズの罪

やっと見ました



ジル・ルルーシュ(Gilles Lellouche)、こんなに恰好よかったかな?

Gilles-fait-les-gros-yeux_portrait_w674.jpg

渋い!
素敵!





-----------------------------------------------------
この映画を見ての簡単な感想を。

私は、オドレィとジルは(役名じゃなくてすみません)は、
とても愛し合っているんだけれど、
たった少しのボタンの掛け違いから始まり
どんどん愛情が憎悪に似たものに変化していったものの
決してそれは、互いに憎んでいるわけではないのだな・・・

と心底思いました。

愛情を示したい、愛したい、
だけど、それをどうのように表現していいのか分からない。
自分自身で自分の心が分からず
狂気の対象がジルに向かい
歯止めが利かず、してはいけないことをしてしまうオドレィ。

どーしようもねぇ女だな!

って正直思っちゃうわけなんだけど、
この時代におけるフランうという国の女性の葛藤って、
私なんぞには計り知れません。

しかも、この映画の登場人物って上流階級だしね。
上流階級には上流階級の逃げられない掟(?)風習(?)みたいなものがあるんだろうな。

未だに階級社会が根付いてるフランスのこういった事情は
庶民の私なんかには分かりません!

ま、葛藤があり、苦しみまくったからと言って
人間として、越えちゃいけない一線ってありますからね

それにしても、
今まで、ジル・ルルーシュって結構な確率でロクデナシな役が多かった気がするけど、
今回の、このテレーズの罪では、ドキドキさせられるほど素敵だった!
スポンサーサイト

Secret

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。