06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチュラグラッセ 下地(ブルー)とBB(ライト)

オーガニック、ナチュラルコスメがお好きな人にとっての鉄板的存在のブランドの一つとしてナチュラグラッセを挙げられる方が多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

成分を細かく神経質に見ていくと、ちょっと「?」となる物もありますが、←特に柑橘系由来のもの。でも、化粧品開発において、素人でも気にする光毒性を無視するわけはないよね、、、と思っている次第です(๑¯ω¯๑)


今日は、私のとってもお気に入りの組み合わせを( ˘ ㅂ ˘ ♡)



カラーコントロール ピュレ BL
ピュアBBクリーム N80

二つともあまり伸びがよくないので、付け方を間違えるとムラになりやすいのですが、コツを掴むと、とっても綺麗に仕上がる組み合わせです。

塗り方のコツは、ちょっとクリームを取って、狭い範囲をちょっとづつ塗る。
クリームの塗り方で、一般的?なのが、まず、おデコ、頬、顎等に点状に置き、それを全体に伸ばしていく。と言うのがあると思うのですが、それ、絶対に向いてないです、この製品は。
あと、綺麗に付くと噂の男塗りとやら。手のひら全体にクリームを伸ばして、顔をその手のひらで覆うように押さえて付けていくというもの。
うーん。これも無理でした。いかんせん、量の調節が難しい。
因みにこの塗り方は、結局、最後は指先で細かく馴染ませなきゃいけないので、男塗りの魅力は私には分からないままです。

やはり、ちょっと取って、ちょっと塗る。という、少し手間と時間は掛かりますが、ムラにならないし、量の調節も、し易い。
ので、この方法がベストかと(•'-'•)

そして、これは私の拘りでしかないのですが、ブルーの下地は、生え際まで、きっちり塗らない。だけど、頬下、顎こら首筋にかけてはしっかり塗る!こと。
そうすると、顔が膨張して見えず、且つ顔と首の色の、差が!!という事態も防げている気がします・・・

BBクリームは、米粒小の大きさを指先に取り、頬の三角ゾーンにのみ乗せる。
以上。です(๑¯ω¯๑)

ブルーの下地は、5本以上はリピートしていて、本当にお気に入りなのですが、入れ物が遮光じゃないことが、気になって気になって仕方がありません(´,,•ω•,,`)
スポンサーサイト

Secret

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。