06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の大好きなこと アラブ

やっと休み。 でもすることたくさんあって心が休まらないよ!
息切れ気味だよヽ(`ω´*)ノ彡

------------------------------------------------
ところで、
映画、キャラメルについて。しつこいですかね?
何回見たか分からない…。


同じ映画やドラマを見るのは、首を傾げられてしまうことも多いですが、
ストーリーや結末が分かってると安心して見ることが出来るのです




この映画自体が好きと言うのももちろんあるのですが
元々アラブ様式に心惹かれて、建築とか食べ物、内装、雑貨・・・と、
本当に素晴らしいと常々思っていて
見るだけでも、はぁ~、うっとりとなるので
比較的、アラブの世界が見ることに出来る映画を
面白かろうが面白くなかろうが(!)手に取るようにしています。

ニュースって、怖くて暗い話ばかりで、それを伝えるのも大切だけど、
あまり現地の日常生活に触れないですよね。
なのでそんなこんなを映画というフィルターを通してでも見たいのです。

キッチンの様子や、部屋の飾りつけ女性のメイク、ご飯(←重要)などなど。
アラブ世界は魅力的な物・事に満ち溢れているのですね、私にとって。


残念なことに、今、堂々とアラブ世界が好きと、大きな声で言うことが
憚られる風潮があります。
私は、ことのことが残念でなりません。
とても親しい人にも、あまり言いません。
アラブ=危険。 という意味不明な先入観を持っている方が多いのが事実で、
でもって、私がアラブ世界が好きなんだー。と言うと
危険思想の持ち主っぽく見られて引かれてしまうこともありました。
アラブ、イスラムだから危険。だなんて考えはあまりにも浅はかです。


サラエボ、希望の街角



この映画はある宗教の原理主義思想(教育?)に嵌っていく人間を描いているのですが
(どこの宗教の原理主義とは言ってないけどなんとなくイスラム原理主義を匂わせている風)

この映画がイスラム教のことについて描かれていると仮定して、
イスラム教とイスラム過激派/原理主義では、当然の如く一線を画しているし、
全く別物もだと主張していると思います。

物事は深く掘り下げて考えなければなりませんね。
誰かが言っていたことを、そのまま鵜呑みにして信用してしまうのは危険です。
様々視点からの文献をいくつも読んだり、信頼できるニュースサイトを見たりして
自分なりに考えて咀嚼して自分の意見を持つことは生きていくうえでとても大事です。


アラブ/イスラム社会のとっかかりに
池上彰さんの本は分かりやすくて、とてもお勧めです。

あと、
私たちは いま、イラクにいます
という本?写真集?がありますが、
これはもっと簡単に視覚的にとらえることが出来るので
パラパラっと見るだけでも
偏見に満ちた気持ちを少し拭うことができるのではないでしょうか?


まだ訪れたことはありませんが、いつか本当に行ってみたい。


あ、でもアラブ菓子は危険でした。
美味しすぎて、買い食いしすぎて
劇太りしましたからね。。。
スポンサーサイト

Secret

検索フォーム

  ღLinksღ

QR code

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。